大阪市東淀川区の工務店 木の家・注文住宅なら株式会社山本博工務店
山本博工務店の電話番号
山本博工務店

Japanese door 襖 勉強会のおしらせ

優良工務店の会大阪事務所では 次回の勉強会で 

襖や表具のデザイン、製作で最近注目を集めておられる

紙戸屋 中野表具店の中野智佳子さんに来ていただいて

襖の話をしていただきます。

25

「襖はすぐに破れる」と言われます。
しかし、そういわれる襖は、近代作成されるようになった「簡易襖」です。
昔ながらに作られる本襖(ふすま)は、何重にも和紙を重ねて作成されており、
自然調湿をし、和紙の風合いを醸し出します。(紙戸屋さんのHPより)

昔ながらに作られた本襖や障子は、長く使えて結局省エネでお得です。

マンションの簡易襖は軽くて扱い易いですが、中の板は発砲スチロールで紙の張り替えは

出来ますが戸が反ります。後でトラブルがおこる確率が非常に高いです。

住宅で長期優良住宅があるように、襖も長期優良襖(本襖)にならないとね

今は和室が少なくなっているので、襖の数も数枚ですみます。

中野さんに相談してかっこいい本襖を作ってみませんか?

今回は、襖の紙を今も手漉きされている柳瀬さんも

このために越前からお越しいただきます

弊社セミナー室にも柳瀬さんの漉かれた雲肌の和紙の襖が入っていたり

自宅にも越前の手漉き和紙の襖がはいっています。

0koukisen

地袋の小さな襖      紙戸屋さんのHPからお借りしました

普段聞けない貴重な機会です
まだ席に空きがあります。まだ申し込めると思いますので、、、、、
会員向け勉強会ですが、密かにお知らせします
2月26日金曜日 2時~ なので  申込お急ぎ下さい

優良工務店の会 大阪事務所 電話 06-6208-6001  FAX 06-6208-6002

最近 和室、床の間を造作出来る人もとても少なくなっています。
このところ外国の人達に人気が出てきたせっかくの「和の文化」を
次の世代にしっかり引き継いでいきます

やまもとようこ