国産材・木組の家

  文字を大きくする
文字を小さくする
         
トップページ当社の建てる木の家無垢の木の家 施工実例 大阪リフォーム実例造作家具仕事の流れイベント案内年間自作堂Blog

見学会DIY講座 単発自作堂 
「扉付きBOX」


大工さんが教える本格DIYで技術を学びましょう。今回は扉付き収納BOX
7月8日(土)

見学会わざわ座 大工の手 「家具展覧会」

山本博工務店の1Fショールームにて、”大工さんがつくった家具”の展示を行います。
7月31日(月)~8月6日(日)

見学会職人さんのお仕事体験! 
「こどもこうむてん3」


たくさんの職人さんたちがかかわっておうちが建てられています。プロの職人さんたちがどんなお仕事をしているのか、実際に体験してみよう♪
8月26日(土)

国産材・木組の家でマイペースを愉しむ
   

国産材・木組の家でマイペースを愉しむ」には「環境に負担をなるべくかけたくない」というお施主様の思いが込められています。柱、梁、下地材、フローリングから建具材にいたるまで、自然乾燥の国産材(熊野の木)を使うことで、輸送や乾燥にかかる石油エネルギーを低減できると考えています。また、シンプルで丈夫な構造体をつくり、将来も住み手の変化に対応できる「長寿命の家」とし、社会的なストックとしての建築物を目指しています。特に注目していただきたいのは木組みの架構です。昔の民家のように、大工棟梁の手で刻まれた大きな梁と梁、梁と柱がかみ合うようにしっかりと組み上がっています。2本の大黒柱(六寸)と10本の通し柱(四寸五分)を大梁が結び、そこに床梁が掛け渡されており、力の流れが一目で分かる架構です。
国産材・木組みの家」は伝統的な工法を、金物や構造用パネルを使って現代風にアレンジしたものといえます。