吹き抜けのある家

  文字を大きくする
文字を小さくする
         
トップページ当社の建てる木の家無垢の木の家 施工実例 大阪リフォーム実例造作家具仕事の流れイベント案内年間自作堂Blog

見学会DIY講座 単発自作堂 
「扉付きBOX」


大工さんが教える本格DIYで技術を学びましょう。今回は扉付き収納BOX
7月8日(土)

見学会わざわ座 大工の手 「家具展覧会」

山本博工務店の1Fショールームにて、”大工さんがつくった家具”の展示を行います。
7月31日(月)~8月6日(日)

見学会職人さんのお仕事体験! 
「こどもこうむてん3」


たくさんの職人さんたちがかかわっておうちが建てられています。プロの職人さんたちがどんなお仕事をしているのか、実際に体験してみよう♪
8月26日(土)

吹き抜けのある家

千里丘の北、千里丘陵の南の袖にこの家はあります。古くから家々が建ち並び、その間を細い坂道が縫うように登っています。敷地形状はいわゆる変形敷地。土地の傾斜と周辺家屋の建ち並びから風の道を想定、そして視線の抜けを考慮して各部屋のレイアウトが決まりました。季節ごとの日照をパソコンでシミュレーションし、限られた敷地の中で周辺家屋への影響を出来るだけ押さえた建物の平面(六角形)と屋根の形を考えています。
建物中央に吹き抜けと階段を設け、これを取り囲むように各部屋が配置されています。引き戸を引けばすべての居室がつながる設計となっており、コンパクトな建物の中で抜けのある広々とした空間が可能となりました。また、構造材は熊野の杉、桧を使用。どっしりとした柱、梁を素直に表すことで家全体の空間がつながりながら一体となっています。