大阪市内 マンションリフォーム

  文字を大きくする
文字を小さくする
         
トップページ当社の建てる木の家無垢の木の家 施工実例 大阪リフォーム実例造作家具仕事の流れイベント案内年間自作堂Blog

見学会DIY講座 単発自作堂 
「扉付きBOX」


大工さんが教える本格DIYで技術を学びましょう。今回は扉付き収納BOX
7月8日(土)

見学会わざわ座 大工の手 「家具展覧会」

山本博工務店の1Fショールームにて、”大工さんがつくった家具”の展示を行います。
7月31日(月)~8月6日(日)

見学会職人さんのお仕事体験! 
「こどもこうむてん3」


たくさんの職人さんたちがかかわっておうちが建てられています。プロの職人さんたちがどんなお仕事をしているのか、実際に体験してみよう♪
8月26日(土)

兵庫県西宮市 マンションリフォーム「光と風が通り抜ける家」
     
     
     
この計画は、7階建て集合住宅の2階にある住戸を全面改装するものである。
敷地は、兵庫県西宮市にあり、非常に交通量の多い国道沿いに位置する。海にほど近い地域であり、心地よい風が室内を吹き抜ける。
延床面積は70.00㎡、間口5.6m、奥行12.5mと平面形状は細長い。
既存プランは、2LDK+納戸という構成の一般的なマンション間取りであった。この空間を有効に活用する、ということを基本方針として計画がはじまった。
この計画では、まず長手方向に対して空間的な抜けをつくった。一方、短手方向に対しては、間仕切壁を梁の位置とは無関係にずらしながら配置し、空間的な窪みをつくった。
この窪みが住まい手の居場所となるように住宅としての機能を割り当てていく。
また、ユーティリティを囲む壁の高さを梁下端に合わせて壁の上部に隙間をつくり、南側の壁面沿いには人が通れる隙間をつくった。これらの隙間を介して光と風が各ゾーンを巡回するように計画した。
(文責:ウズラボ一級建築士事務所)