大阪市東淀川区の工務店 木の家・注文住宅なら株式会社山本博工務店
山本博工務店の電話番号
山本博工務店

加古川市 耐震リフォーム

約築80年の木造住宅の改修を行いました。構造、設備の老朽化、住まい方の変化による不具合を、合理的な補強方法で解消し、意匠的にも改善することを目指しています。限界耐力計算にもとづき、礎石建ての基礎を残すなど伝統工法を生かす耐震補強を行っています。
一般的には開放性や意匠性が損なわれがちな耐震補強ですが、障子紙を貼った美しい格子壁を使うなど、民家本来の魅力を取り戻すことに役立てています。2階には光と風の道となり、行灯のような照明器具にもなる格子壁を利用した「通風塔」を設け、室内環境を改善しています。
納戸や浴室など、劣化が激しい部屋の用途を他の部屋に移し、その部分を集中的に改修することでコストを抑えています。
また、部屋の用途を整理することで、使いづらかった部屋も一体的に利用しやすくし、新たな住まい方に対応しています。
(設計:田村真一建築設計事務所 田村 真一)
  • 【After】外観は昔の風合いを残しています。
  • 【Before】散らかりがちだった庭。リフォーム後は、すっきりとした印象になりました。
  • 【Before】増改築を繰り返して、次々と仕上げを変えていった玄関。
  • 【After】壁をめくってみると、レトロでかわいい小窓が現れました。天井も元の姿を表し、建具は光を通す障子に。
  • 【Before】カーペットや畳が敷き詰められた広間。
  • 【After】無垢の杉の床に貼替えました。格子の壁は光と風を通しながら、耐震性もかねています。"
  • 【After】階段も踏面だけ残したことで、空間が広く感じます。
  • 【Before】畳や土壁など、内装が古くなっていた居間
  • 【After】全面を杉の床板へ。壁の左官も新しくしたことで、明るくなりました。
  • 【Before】手狭になったキッチン。
  • 【After】天井をめくると立派な梁が現れました。キッチン上はハイサイドライトにして、光を取り入れました。
  • 【Before】空間が仕切られ、狭くなっていたダイニング
  • 【After】ダイニングからデッキをつなげ広い空間。キッチンはオリジナル。
  • 【Before】物置状態になっていた中庭。
  • 【After】ウッドデッキをはり、半外として中と外をつなげています。
  • 【Before】2階、階段を上がったところ。
  • 【After】間仕切り代わりの障子から、ふんわりとした光が漏れます
  • 【Before】2階の2部屋。古くなった畳の上に、カーペットが敷かれていました。
  • 【After】カーペットを杉板に貼替え。部屋から光が漏れる障子が見えます。
  • 【Before】草が生い茂り、手入れがしにくかった庭。
  • 【After】白い砂を敷き、道を作って手入れのしやすい庭へと生まれ変わりました。
  • 【After】門灯やガーデンライトの温かい光が、夜も良い表情を作り出します。